修理か、売却か

修理か売却か。事故車を前にしたときに問題になるのはそのことですが、ここではその「問題」について、いろいろと考えてみましょう。
修理と売却という2択が目の前に登場するのは、もちろんお金のことがあるからです。だって、タダで事故車を修理することが出来るのであれば、こんな選択肢は必要ありません。
修理してもらえばいいわけですから。

しかし、現実問題として考えると、修理をするのにはお金がかかります。
そして、修理に決めたときに出ていくことになる「修理費用」と、売却に決めたときに入ってくる「売却額」のどっちが高いかを考える必要があるのです。
もし事故車を売却したほうが修理するよりもお得だというのであれば、わざわざ一度事故で潰れた車を修理する必要などないからです。
それだったら、新しい車を買えばいいわけですから。

売却できます。

そして、ここではまさに、「修理よりも売却のほうが事故車を処理する方法としては適切な場合があります」ということをテーマに話を進めていくつもりです。
なぜなら、世の中にはその車が事故車であったとしても買取をしてくれる、中古車買取、販売を生業とするお店があるからです。
それなりの買取額を付けて、引き取ってくれるのです。

その買取額と、事故が起きたときに出た保険金とを合わせれば、修理に掛かる費用よりも高いお金を手に入れることも出来るのです。